宮本亜門さん、米で新作演出 来春「カラテ・キッド」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 演出家の宮本亜門さんが、大ヒット映画「ベスト・キッド」を原作にした新作ミュージカル「カラテ・キッド」を手掛け、来春、米中西部ミズーリ州セントルイスで世界初演すると、制作する木下グループ(東京都)が25日発表した。セントルイスでの試し公演を経て、ブロードウェーでの公演を目指すという。

 原作映画は1984年に製作され、世界中で人気を博しシリーズ化された。ミュージカルは映画と同じくロバート・マーク・ケイメンさんが脚本を担当する。キャストは今秋からニューヨークで行うワークショップで選抜する。来年5月25日~7月3日にセントルイスの劇場で上演予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事