中川優芽花さんが優勝 ハスキルピアノコンクール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 クララ・ハスキル国際ピアノコンクールの最終選考で演奏する中川優芽花さん(中央)=3日、スイス西部ブベー(共同)
 クララ・ハスキル国際ピアノコンクールの最終選考で演奏する中川優芽花さん(中央)=3日、スイス西部ブベー(共同) クララ・ハスキル国際ピアノコンクールで優勝し笑顔を見せる中川優芽花さん(中央)を祝福する真下航さん(右)とイム・ジュヒさん=3日、スイス西部ブベー(共同)

 【ブベー共同】若手ピアニストの登竜門として知られるクララ・ハスキル国際ピアノコンクールの最終選考が3日、スイス西部ブベーで開かれ、日本の中川優芽花さん(19)が優勝した。同コンクールでの日本人の優勝は4人目。

 ドイツで生まれ育った中川さんは、フランツ・リスト・ワイマール音楽大の1年生。最終選考には中川さんの他に福岡市出身の真下航さん(24)と韓国のイム・ジュヒさん(20)の2人が進んだ。

 晩年をスイスで過ごしたルーマニア出身の名ピアニストの名を冠した同コンクールは、1963年から2年ごとに開かれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事