一部は「目撃談」と釈明 いじめ問題で小山田氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 小山田圭吾氏

 過去のいじめ行為について語った雑誌記事が問題となり、東京五輪・パラリンピックの開会式の楽曲担当を辞任したミュージシャンの小山田圭吾氏は17日、自身の音楽ユニットの公式サイトを通じて、経緯を説明した。「目撃談」を語ったなどとして、一部の行為について自身の関わりを否定している。

 小山田氏は音楽雑誌に掲載されたインタビュー記事について、今回の説明で「学生時代の様々な出来事を語った際、(略)目撃談など、強く記憶に残っていたことを語ってしまいました」と釈明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事