将棋名人戦、羽生二冠が決勝へ プレーオフ制し、稲葉八段と
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 羽生善治二冠

 将棋の佐藤天彦名人(30)への挑戦権を懸けた第76期名人戦A級順位戦のプレーオフ4回戦は18日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、羽生善治二冠(47)が豊島将之八段(27)を破った。決勝で、羽生二冠は前期挑戦者の稲葉陽八段(29)と対戦する。

 羽生二冠は2期ぶりの名人戦7番勝負登場が懸かり、稲葉八段は2期連続での挑戦権獲得を目指す。今期のA級順位戦は、6人が6勝4敗で首位に並ぶ大混戦となった。

 プレーオフ決勝は、21日に行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事