講談社、参考文献明記せず謝罪へ 芥川賞候補作で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月に選考会が行われる第159回芥川賞の候補になっている作家の北条裕子さん(32)の小説「美しい顔」を巡り、執筆時に使用したノンフィクション作品を参考文献として明示しないまま雑誌に掲載されていたことが29日、分かった。発行元の講談社は7月6日発売の文芸誌「群像」8月号で謝罪文を掲載する。

 「美しい顔」は津波の被災地を被災者の少女の視点で描く作品で、今年の群像新人文学賞を受賞した北条さんのデビュー作。

 講談社によると、執筆に際し、ノンフィクション作家の石井光太さんの「遺体」(新潮社)などを参考にし、遺体安置所の描写などで類似した表現があったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事