「船乗り込み」で襲名興行をPR 大阪、初夏の風物詩
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「七月大歌舞伎」をPRする「船乗り込み」で、ファンの声援に応える松本白鸚さん(右端)。その隣は松本幸四郎さん=29日午後、大阪・道頓堀

 大阪市内の川を歌舞伎俳優が船で巡る初夏の風物詩「船乗り込み」が29日に開催され、船上の松本白鸚さん(75)、松本幸四郎さん(45)らの姿に、橋の上や川岸から観衆の拍手が湧いた。

 7月3日に初日を迎える大阪松竹座の「七月大歌舞伎」をPRする恒例行事。今年は白鸚さん、幸四郎さんの襲名披露興行と銘打っている。

 集まったファンは船に向かって、2人の屋号「高麗屋!」と大きな声を掛け、橋の上から紙吹雪をまいて歓迎。白鸚さんと幸四郎さんは笑顔で手を振った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事