原爆詩人、晩年の手紙発見 峠三吉、闘病と活動の様子つづる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 峠三吉が坪田正夫氏に宛てた手紙。右が1950年12月~51年3月、左は52年9月以降に書かれたとみられる
 峠三吉が坪田正夫氏に宛てた手紙。右が1950年12月~51年3月、左は52年9月以降に書かれたとみられる 峠三吉

 原爆詩人として知られる峠三吉(1917~53年)が晩年、文学仲間に宛てた手紙2通が見つかったことが30日、分かった。「広島文学資料保全の会」が峠の遺族から譲り受けた資料群の中にあった。病と闘いながら、詩の活動に打ち込んでいた様子が浮かび上がる。

 手紙は、愛媛県の病院で放射線技師をしていた文学仲間の故坪田正夫氏に、峠が中心となって反戦詩を集めたサークル誌「われらの詩」と一緒に送ったもの。いずれも手のひらほどの大きさで、原稿用紙などの紙切れに文字がびっしりと書き込まれている。

 1通目は文面から50年12月~51年3月に書かれたとみられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事