ベルリンフィル派遣は26歳女性 第1号、東京芸大から
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「ベルリン・フィルハーモニー・カラヤン・アカデミー」に派遣される小川響子さん=3日午後、東京都台東区の東京芸術大

 世界最高峰のオーケストラ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の人材育成機関「ベルリン・フィルハーモニー・カラヤン・アカデミー」が3日、東京都台東区の東京芸術大でオーディションを開き、卒業生の小川響子さん(26)=奈良県橿原市出身=が合格した。

 オーディションは、アカデミーと東京芸大が若手音楽家を育成するため、4月に結んだ協定に基づく、初の試み。毎年、バイオリン専門の卒業生を1人派遣することになっている。

 派遣第1号となった小川さんは、現在は東京フィルハーモニー交響楽団のバイオリン奏者。秋から2年間、ベルリンでベルリン・フィルの団員の指導を受ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事