藤井七段、最年少で100局目 将棋順位戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 藤井聡太七段

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は31日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第77期名人戦順位戦C級1組の3回戦で西尾明六段(38)と対戦、勝てば3連勝となる。今回の対局で2016年12月のデビュー戦以来、最年少で公式戦通算100局目を迎えた。

 ここまでの通算成績は84勝15敗。昨年、最多の29連勝を達成するなど、驚異的なペースで白星を重ねている。

 名人挑戦者を決める順位戦は最上位のA級から最も下のC級2組まで五つのクラスがあり、A級の優勝者が名人挑戦者となる。各10局を戦うC級1組は今期39人が参加し、上位2人がB級2組へ昇格する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事