将棋、藤井七段が菅井王位に敗北 棋王戦本戦トーナメント2回戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 藤井聡太七段、菅井竜也王位
 藤井聡太七段、菅井竜也王位 棋王戦本戦トーナメント2回戦で菅井竜也王位に敗れた藤井聡太七段=3日午後、大阪市の関西将棋会館

 将棋の藤井聡太七段(16)は3日、大阪市の関西将棋会館で指された八大タイトル戦の一つ、第44期棋王戦本戦トーナメント2回戦でタイトル保持者の菅井竜也王位(26)に敗れ、3回戦進出を逃した。両者は昨年に1度対戦し、菅井王位が勝利。今回、高校生プロの雪辱はならなかった。

 これで、藤井七段は年内にタイトル戦の挑戦者となる可能性はなくなった。菅井王位は昨年、羽生善治竜王(47)を破って初タイトルを獲得、さらなる飛躍が期待されている若手棋士の一人。

 渡辺明棋王(34)への挑戦者を決める本戦Tは今期、34人が出場。予選を勝ち上がった藤井七段は2回戦から登場した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事