西山さんがバイオリン2位 ブラームス国際コンクール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ヨハネス・ブラームス国際コンクールのバイオリン部門で2位になった西山舞音さん(共同)

 【ウィーン共同】オーストリア南部ペルチャッハで7日、ヨハネス・ブラームス国際コンクールのバイオリン部門の決勝が行われ、西山舞音さん(18)=ウィーン在住、相模原市出身=が2位に入賞した。

 ウィーン国立音楽大学在籍の西山さんは、ドボルザークのバイオリン協奏曲を演奏。取材に「緊張しましたが、オーケストラが支えてくれて楽しく弾けました」と声を弾ませた。将来はソリストとして、「クラシックの殿堂」とも言われるウィーンの楽友協会で演奏するのが夢と話した。

 ウェルター湖畔のペルチャッハは、ブラームスが夏を過ごし作曲もしたゆかりの地で、同コンクールは今年で25回目。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事