猪狩ともかさんが始球式、埼玉 大けが負い、車いすで投球

 4月に強風で倒れた案内板の下敷きになり、腰の骨を折るなどの大けがを負ったアイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともかさん(26)が9日、埼玉県所沢市のメットライフドームで行われたプロ野球の西武―ロッテで始球式を行った。

 車いすに乗ったまま、マウンドの前方から投げた。投球はバウンドしながら捕手のミットに収まり「感無量です。車いすで投げるのは初めてで、最初は5メートルしかいかなかった」と感慨深そうに話した。

 脊髄損傷で両下肢がまひし、車いす生活になったが、懸命なリハビリでステージに復帰した。メットライフドームでの始球式は事故に遭う前の昨年9月以来、2度目だった。

関連記事
全国ニュース > 文化・芸能の記事