秋元康氏作詞の「BTS」曲中止 ファン批判で、所属事務所発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ソウル共同】韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」の所属事務所は22日までに、作詞家の秋元康さんが作詞した新曲の発表を取りやめ、別の曲に差し替えることを決め、発表した。11月に発売される予定だった。

 事務所は声明で「収録曲が制作上の理由で変更される。不便をお掛けして申し訳ない」と陳謝した。韓国メディアによると、ファンから、秋元さんの演出が右翼的だ、との声や、秋元さんが手掛けた過去の曲の歌詞で性を商品化した、との批判が出ていた。事務所は曲の変更に先立ち「ファンの皆さんの憂慮は十分に認識している」とも表明していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事