北京で植田正治写真展開幕 中国で初
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 北京市内のギャラリーで始まった故植田正治氏の写真展=23日(共同)

 【北京共同】鳥取砂丘を舞台にした作品で知られ、国際的にも高く評価された鳥取県出身の写真家、故植田正治氏の写真展が23日、北京市内のギャラリーで始まった。同氏の写真展が開かれるのは中国では初めて。11月25日まで。

 砂丘の上に人物や小物をオブジェのように配した代表的なシリーズの作品を含む約140点を展示。写真ファンだという付澎さん(39)は「今まで欧米の写真家の作品を見ることが多く、日本の著名写真家の作品に触れる機会に恵まれうれしい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事