将棋、豊島棋聖が新王位に 菅井氏破り、二冠目を獲得
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 豊島将之二冠
 豊島将之二冠 将棋の第59期王位戦7番勝負の第7局で、菅井竜也前王位(右)を破り王位を奪取した豊島将之二冠=27日午後、東京都千代田区

 将棋の第59期王位戦7番勝負の第7局は26、27の両日、東京都千代田区で指され、挑戦者で先手の豊島将之棋聖(28)が127手で菅井竜也王位(26)を破り、対戦成績4勝3敗で初の王位を奪取、棋聖と合わせて二冠となった。

 7月に豊島棋聖が初タイトルを獲得し、八大タイトルを8人で分け合う珍しい状況に。1987年(当時は七大タイトル)以来31年ぶりの群雄割拠になったが、また複数冠保持者が現れた。

 豊島新王位は愛知県出身。2007年、プロ入り。今回が6度目のタイトル戦登場で、獲得は通算2期目となった。

 菅井前王位の初防衛は、ならなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事