将棋、トップ棋士が反則負け 前王位の菅井七段
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 菅井竜也七段

 将棋のトップ棋士が18日に行われた対局で、異例の反則負けを喫するハプニングがあった。第77期名人戦順位戦B級1組で、前王位の菅井竜也七段(26)が109手目に「角」を相手の駒を飛び越えて移動させ、対戦した橋本崇載八段(35)に敗れた。

 角は斜めに動かせるが、置いてある駒を飛び越えて移動させることはできない。将棋の反則には縦の同じ升に二つ目の「歩」を指す「二歩」などがあるが、角を移動できない場所に指す反則は極めて珍しい。

 2009年、女流王位戦5番勝負で当時のタイトル保持者、石橋幸緒さん(引退)が、角が置いてあった駒を飛び越し、反則負けした例がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事