狂言野村萬さんらに仏政府が勲章 能楽の普及に貢献
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 来年2月にパリで能楽公演を行う和泉流狂言師の野村萬さん(88)がフランス政府から芸術文化勲章オフィシエを、観世流シテ方の梅若実さん(70)と浅見真州さん(77)が同シュバリエを贈られることが決まったと、公演主催者が14日、明らかにした。

 フランスでの能楽の普及に貢献したことが、受章理由という。

 能楽公演は、フランスで開催中のイベント「ジャポニスム2018」の一環として企画。公演時に授与式が行われる予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事