仏料理コンクールで日本人優勝 六本木のレストランのシェフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「第52回ル・テタンジェ国際料理賞コンクール」で優勝した関谷健一朗さん=19日、パリ(共同)

 フランス料理のシェフの登竜門とされる「第52回ル・テタンジェ国際料理賞コンクール」がパリで19日に開かれ、東京・六本木のレストラン「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」のシェフ関谷健一朗さん(39)が優勝した。コンクールの日本事務局が21日明らかにした。

 事務局などによると、コンクールは39歳以下で競われ、日本人シェフの優勝は1984年の堀田大さん以来34年ぶり、2人目。今年の予選は6カ国から参加があった。

 過去の優勝者には、8月に死去したジョエル・ロブションさんらがいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事