米人気俳優、差別発言で司会降板 来年のアカデミー賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ロサンゼルス共同】来年2月に行われる米映画界の祭典、アカデミー賞の授賞式の司会者に4日に選ばれ、話題になっていた人気黒人コメディアンのケビン・ハートさん(39)が6日、過去の同性愛者への差別発言で降板に追い込まれた。

 ハートさんは映画「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」などで注目を浴びる俳優。アカデミー賞は視聴率低下が指摘され、主催団体の米映画芸術科学アカデミーがハートさん起用で回復を狙ったとみられていたが、思わぬトラブルに見舞われた形だ。

 米メディアによると、ハートさん起用発表後、インターネットで過去の発言や書き込みが問題視され始めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事