WTO、日本が韓国に逆転敗訴 原発事故で8県水産物規制
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 昨年6月に再開された、福島県沖のスズキ漁。好漁場で、主要魚種全ての漁が復活した。
 昨年6月に再開された、福島県沖のスズキ漁。好漁場で、主要魚種全ての漁が復活した。 スイス・ジュネーブにあるWTO本部(ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】世界貿易機関(WTO)の紛争処理の「二審」に当たる上級委員会は11日、韓国による福島など8県産の水産物輸入禁止措置を不当とした「一審」の紛争処理小委員会(パネル)の判断を破棄した。日本は逆転敗訴となった。 

 上級委は、パネルの判断はWTOの検疫関連協定の解釈に誤りがあると指摘。韓国の措置について「必要以上に貿易制限的」としたり、日本を不公正に差別したりしたものとはいえないとした。

 また、韓国政府が消費者保護のためにどのような措置を取れば適切かは判断できないとし、食品で許容できる放射線レベルなど安全性の問題でも見解を示さないとした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事