米4月失業率、49年ぶり低水準 3・6%、就業者数は予想上回る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン共同】米労働省が3日発表した4月の雇用統計(速報、季節調整済み)は、失業率が3・6%で1969年12月(3・5%)以来49年4カ月ぶりの低水準となった。景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数は前月から26万3千人増えた。市場予想の18万5千人程度を大きく上回った。

 就業者数の増加幅は景気拡大の目安とされる20万人を上回り、好調な雇用環境を示した。1~3月期の実質経済成長率が3%を超えるなど米経済は明るさを取り戻しつつある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事