NY株反発、197ドル高 ナスダックは過去最高
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ニューヨーク共同】3日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米景気の先行きに対する楽観的な見方が広がったことで、前日比197・16ドル高の2万6504・95ドルと3日ぶりに反発して取引を終えた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は127・23ポイント高の8164・00と4日ぶりに過去最高を更新した。

 朝方発表された米雇用統計では、景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数が市場予想を大きく上回った。失業率は3・6%と約49年ぶりの低水準となり、市場に安心感が広がった。

 米雇用統計では、平均時給は市場関係者が予想していたよりも上昇しなかった。これで政策金利が当面維持されるとの見方が出て、買いを誘った面もあった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事