東京円、110円台後半 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 連休明け7日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=110円台後半で取引された。

 午前10時現在は連休前の4月26日と比べ96銭円高ドル安の1ドル=110円71~72銭。ユーロは41銭円高ユーロ安の1ユーロ=123円99銭~124円03銭。

 米中貿易摩擦への警戒感が再燃し、相対的に投資リスクが低いとされる円を買ってドルを売る動きが先行した。日経平均株価の大幅下落に伴い、円高ドル安の流れが強まった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事