東邦銀、副業・兼業を容認 地方銀行で異例、福島
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東邦銀行(福島市)は30日、働き方改革の一環として、6月1日から全行員に副業や兼業を認めると発表した。地域貢献や行員のスキル向上などが狙い。同行によると、地方銀行としては全国でも異例の取り組みだという。

 承認制で副業先などと雇用契約を結ばないことが条件。副業・兼業を通じて行員が成長することを支援するとしている。毎月1回、業務内容や従事した時間を人事部に報告する必要がある。

 講演会の講師や、実家の家業を手伝うことなどが想定されるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事