新聞の郵便配達を値上げ 「第3種」料金、10月から
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本郵便は2日、承認した新聞や雑誌など「第3種郵便物」の一部を10月1日から値上げすると発表した。10月の消費税増税に伴う対応で、毎月3回以上発行する新聞は1部につき、50グラムまでを41円から42円に引き上げる。それより重くなる場合は50グラムごとに6円増としている現行の料金体系を維持する。

 第3種郵便物は定期刊行物が対象で、通常の郵便物よりも料金が安い。政治や経済、文化といった内容を報じることなどが承認の条件となる。中山間地や離島のような配達が困難な地域では、日刊紙が第3種として届けられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事