キリンHD、ファンケルへ出資 1293億円、筆頭株主に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 記者会見後に記念撮影する(左から)ファンケルの島田和幸社長、池森賢二会長、キリンホールディングスの磯崎功典社長=6日午後、東京都中央区

 キリンホールディングスは6日、化粧品や健康食品を手掛けるファンケルと資本業務提携の契約を結んだと発表した。1293億円を出資し、ファンケル創業者らから株式譲渡を受ける。キリンの議決権比率は33・0%で筆頭株主となる。

 両社はサプリメントなどの健康食品やスキンケア商品の共同研究に取り組むほか、販売網の相互利用を通じてヘルスケア分野を強化する。新たなブランド開発も検討する見通しだ。

 株式譲渡は9月6日の予定で、キリンからファンケルに3人の役員を派遣する。キリンは4月、グループの協和発酵バイオ(東京)を直接の子会社とし、医と食をつなぐ事業の育成を進めていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事