米バーニーズが破産申請 店舗閉鎖、日本は営業継続
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米ニューヨーク・マンハッタンの「バーニーズ・ニューヨーク」の店舗=7月(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米国の高級百貨店チェーン「バーニーズ・ニューヨーク」が5日、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を裁判所に申請した。大半の店舗を閉鎖し、買い手を探す。ダウ・ジョーンズ通信などが伝えた。同社と資本関係のない「バーニーズ ジャパン」(東京)が運営する日本国内の店舗は営業を続けるとしている。

 米メディアによると、バーニーズはニューヨークのマンハッタン中心部に構える旗艦店の賃料負担が重く、資金繰りが悪化していた。インターネット通販との競争激化も不振の背景にある。

 バーニーズは1923年創業。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事