米中摩擦「解決を期待」 経済界、会談で李首相に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 記者会見する日中経済協会の宗岡正二会長(左)と日本商工会議所の三村明夫会頭=11日、北京(共同)

 【北京共同】日中経済協会や日本商工会議所、経団連で構成する財界訪中団は11日、北京の釣魚台迎賓館で中国の李克強首相と会談した。団長を務める日中経協の宗岡正二会長は米中貿易摩擦について「両国が交渉による問題解決を図るよう期待している」と述べた。

 これに対し李氏は「誠意をもって米国と交渉し、問題を解決する策を探っている」と応じ、自由貿易を重視する意向を示した。日中の経済協力を推進することが世界経済の発展につながるとも語った。

 日本商工会議所の三村明夫会頭は終了後、「(李氏が)グローバル化が中国を救う、世界を救うと繰り返し語っていたのが印象的だった」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事