西村吉正氏が死去 元大蔵省銀行局長、住専処理担当
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 死去した西村吉正氏

 大蔵省(現財務省)銀行局長として住宅金融専門会社(住専)の処理に当たった西村吉正(にしむら・よしまさ)氏が8日、急性心不全のため東京都内の自宅で死去した。78歳。滋賀県出身。葬儀・告別式は近親者で執り行う。喪主は妻京子(きょうこ)さん。

 東大卒業後、1963年に大蔵省に入省。94年に銀行局長に就任し、大和銀行(現りそな銀行)の巨額損失事件への対応や、住専処理策の策定に当たった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事