国交省、神鋼に5項目改善要求 MRJアルミ工場で対策不十分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 神戸製鋼のロゴ=加古川市(ロイター=共同)

 神戸製鋼所の製品データ改ざん問題で、国土交通省は17日、MRJ(三菱リージョナルジェット)に使われているアルミ製品を製造した神戸製鋼大安工場(三重県いなべ市)に対し、再発防止策の具体化など5項目の改善を求めた。10月23日から3日間実施した立ち入り検査で、不正発覚後に一定の対策が取られたことを確認したが、不十分だと判断した。検査で新たな不正は見つからなかった。

 国交省の指摘では、本社からの圧力など根本的な原因に対する具体的な再発防止策の策定のほか、品質管理部門の管理者に必要な教育訓練が確実に実施されるよう制度を見直すことなどを求めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事