NY株続落、159ドル安 米中協議への期待後退
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ニューヨーク共同】20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米中貿易協議の進展に対する期待が後退したことから続落し、前日比159・72ドル安の2万6935・07ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は65・21ポイント安の8117・67。

 米中両政府は19~20日の日程で、米首都ワシントンで次官級の貿易協議を開いた。しかし、中国代表団が来週予定していた米モンタナ州の農家視察を中止して予定を早めて帰国すると伝わり、歩み寄りへの期待がしぼんで売りが優勢となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事