大卒の離職微増、32・0% 高卒は改善、16年入社組
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 厚生労働省は21日、2016年の大学卒業者のうち、就職後3年以内に仕事を辞めた人の割合が前年比0・2ポイント増の32・0%だったと発表した。高校卒業者は前年比0・1ポイント低下して39・2%。4年ぶりに40%を下回った前年に続き、40%を切った。

 大卒の産業別の離職率は、宿泊業・飲食サービス業が50・4%と最も高く、生活関連サービス業・娯楽業の46・6%、教育・学習支援業の45・9%と続いた。医療・福祉や小売業も離職の割合が40%近くに達した。

 企業の規模別では、5人未満が57・7%と高水準だった。規模が大きくなるに従って離職率が低くなる傾向を示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事