ゲームセンターに新機軸、福岡 アスレチック導入も検討
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 インタビューに応じるタイトーの山田哲社長

 タイトー(東京)の山田哲社長(58)は21日までに福岡市でインタビューに応じ、ゲームセンター「タイトーステーション」などの一部店舗に、体を動かして遊ぶアスレチック設備の導入を検討することを明らかにした。福岡市に9月14日開業した同社初の屋内型スポーツ・アスレチック施設「ノボルト」の一部設備の展開などを想定する。

 福岡地所(福岡市)と組んで建設したノボルトは広さが約4千平方メートルと、国内最大級の屋内型スポーツ・アスレチック施設。2020年東京五輪の新競技「スポーツクライミング」の一種で突起物を取り付けた人工壁を登る「ボルダリング」の設備などを備える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事