東京の物価、10月0・5%上昇 消費増税も伸び率横ばい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省が29日発表した10月の東京都区部の消費者物価指数(中旬速報値、生鮮食品を除く)は、前年同月比0・5%上昇の101・8だった。プラスは2年4カ月連続。10%への消費税率引き上げ後初めての集計だったが、伸び率は前月から横ばいだった。

 焼き肉などの外食や、宿泊料といった増税の影響を受けた項目が上昇に寄与した。10月に値上げがあった火災・地震保険料も前年同月と比べて14・8%上がった。

 一方で、10月から始まった幼児教育・保育の無償化により、幼稚園保育料(私立)が88・3%、保育所保育料が57・1%それぞれ下落し、全体の伸び率を押し下げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事