JR九州が自動運転の開発進める 国交省は安全懸念、実現は不透明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JR九州が運転士の人手不足懸念を背景に、独自方式の自動列車運転装置(ATO)の導入を目指して技術開発を進めている。運転士の資格がない係員を乗務させる実証実験の2021年度までの開始を目指す。しかし、国土交通省は実用化について「現在導入されているATOより安全性が低く、認可には十分な検討が必要」と懸念、実現性は不透明だ。

 国交省などによると、JR九州の方式は信号を守らなかったり、制限速度を超過したりした際にブレーキをかける自動列車停止装置(ATS)がベース。国内で一部の地下鉄やモノレールなどが実用化しているATOに比べ、安全性で課題があるとの指摘がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事