グーグルがクラウドゲーム 米欧で開始、専用機不要
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ニューヨーク共同】米グーグルは19日、クラウド技術を活用し、テレビやパソコン、スマートフォンで本格的なゲームを楽しめるサービス「スタディア」を北米と欧州で始めた。データセンターで処理するため、据え置き型の専用機は不要だ。ゲーム機に軸足を置いてきたソニー、米マイクロソフト、任天堂の脅威となる可能性もある。

 グーグルは来年以降、サービスの対象地域を広げる。日本での展開は明らかにしていない。

 「スタディアプロ」は月額9・99ドル(約1080円)。高画質、高音質で一部のゲームを追加料金なしで遊べるほか、有料の対応ソフトを割安価格で購入できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事