米、制裁視野にEU調査か 車関税発動は期限切れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 トランプ米大統領=9月22日、テキサス州ウェブスター(AP=共同)

 【ワシントン共同】米政治サイトのポリティコは21日、トランプ米政権が巨額の貿易赤字を抱える欧州連合(EU)に対し、制裁関税を課す根拠となる新たな調査を検討していると報じた。判断を延期していた輸入自動車への関税発動が期限切れになったためだという。制裁を科せる環境を維持し、EUとの貿易交渉を優位に進めるのが狙いだ。

 ポリティコは新たな調査の場合、不公正な貿易慣行に対抗する米通商法301条に基づく可能性を挙げた。中国に発動している制裁関税の根拠と同じ条項で、自動車だけでなく幅広い産業に調査対象を拡大する可能性もあるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事