米、対中関税巡る判断保留 15日発動「まだ議論せず」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は5日、中国に対する制裁関税の第4弾後半分の実施について「(発動予定の)15日に何か起きるだろうが、まだ議論していない」と記者団に述べた。中国が貿易協議で部分合意する条件に挙げる発動撤回の可否に関し、判断を保留していることを示唆した。

 トランプ氏は「重要な協議を進めている」と述べた。ロイター通信によると、ムニューシン財務長官は5日、中国と次官級電話協議を行ったと説明した。発動予定の15日を念頭に「交渉は進展している」と述べた。

 関税第4弾後半は中国製品1600億ドル(約17兆4千億円)分に15%の追加関税を課す予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事