台湾の大型マグロ枠を移譲 中西部太平洋委で決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 太平洋クロマグロの資源管理を話し合う中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)は年次会合をパプアニューギニアで11日まで開き、30キロ以上の大型魚の漁獲枠について、2020年に台湾から300トンを日本に移譲することなどを正式に決めた。水産庁が12日発表した。

 9月に開かれたWCPFCの北小委員会で、日本はクロマグロの資源は増加傾向にあるとして増枠を求めていたが、米国が「時期尚早だ」として反対した。日本が台湾の余った枠を移譲してもらうことで合意していた。

 日本は台湾からの移譲により、20年の大型魚の漁獲枠は現行の4882トンから実質的に約6%増加する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事