巨大IT企業の透明化へ新法 契約条件の開示、報告を義務付け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 巨大IT企業規制の全体像

 政府は17日、デジタル市場競争会議を開き、「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業の規制強化に向け、来年の通常国会に提出する新法案の概要を固めた。立場の弱い取引先企業を不当な契約から守るため、巨大ITに対し契約条件の開示や運営状況の政府への報告を義務付け、透明性を高める。独禁法の運用指針や個人情報保護法も見直し、消費者保護にも取り組む。

 新法案「デジタル・プラットフォーマー取引透明化法案」は、大規模な通販サイトやスマートフォンのアプリストアの運営事業者が対象。「GAFA」の一角を占める米アマゾン・コムやグーグルなど、国内外の数社が対象になる見込みだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事