東証続伸、終値110円高 中東の緊張緩和などで買い注文
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10日の東京株式市場は、中東情勢の緊張緩和や米中貿易協議の進展への期待から買い注文が強まり、日経平均株価(225種)は続伸した。

 終値は前日比110円70銭高の2万3850円57銭。東証株価指数(TOPIX)は6・11ポイント高の1735・16。出来高は約10億9160万株だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事