再開後の漁獲量が初の減少、福島 不漁と台風19号で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 コウナゴ(福島県提供)

 東京電力福島第1原発事故によって海域と魚種を絞った試験操業が続く福島県の2019年の年間漁獲量が12年の試験操業開始後、初めて減少に転じることが関係者への取材で19日、分かった。徐々に漁獲量を回復させてきたが、コウナゴの不漁と台風19号に伴う休漁が影響した。

 近く公表される19年の漁獲量の速報値が4千トンを下回り、18年の計約4010トンから減少する。県によると、18年は漁獲量全体の約25%をコウナゴが占めたが、19年は不漁でゼロだった。台風19号で出漁日が減ったことも響いた。

 福島県沖では原発事故後、全面的に漁を自粛。12年6月に試験操業が始まった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事