トヨタ労組、1万100円要求へ 賃上げ、前年妥結額を下回る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 トヨタ自動車本社

 トヨタ自動車労働組合が今春闘で、定期昇給やベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分などを合わせた総額で、組合員1人平均1万100円の賃上げを要求する執行部案を固めたことが23日、分かった。自動運転や電動化といった次世代技術の競争が激化する中、要求額は前年回答額の1万700円を下回るが、働きやすい環境に向けた手当の強化などは継続的に協議する方針。

 世界経済の先行き不透明感などの経営環境も踏まえ、年間一時金(ボーナス)も満額回答となった前年の6・7カ月分を下回る6・5カ月分を求める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事