トヨタ労組、1万100円要求 春闘要求の執行部案発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタ自動車労働組合の西野勝義委員長は27日、愛知県豊田市で記者会見し、2020年春闘要求の執行部案を発表した。ベースアップ(ベア)や定期昇給、手当を合わせた総額として、全組合員1人平均1万100円の賃上げを求める。各職場で議論し、2月7日に正式決定する。

 賃上げの要求額は前年回答の1万700円を下回る。トヨタ労組は要求に含める手当の中身が異なるため「前年回答と単純に比較できない」と説明している。

 年間一時金(ボーナス)は業績の先行きを慎重に見通し、満額回答だった前年の6・7カ月分より低い6・5カ月分を求める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事