半導体キオクシア社長に早坂氏 病気療養の成毛氏が退任
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 早坂伸夫氏

 半導体大手キオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス、東京)が早坂伸夫副社長(64)を社長に昇格させる人事を29日、発表した。病気療養中の成毛康雄社長(64)は代表権のない顧問に退く。傘下の事業会社のキオクシアも、早坂氏が副社長から社長に昇格し、成毛氏は社長を退任する。いずれも29日付で、同日の取締役会で決定した。

 成毛氏の病気療養が長期化し、昨年7月以降は早坂氏が社長業務を代行していた。キオクシアホールディングスは昨年10月に東芝メモリホールディングスから社名を変更した。新体制で東京証券取引所第1部への新規株式公開(IPO)を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事