ボーイング赤字転落か 737MAX事故で費用かさむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米ボーイングの「737MAX」=2019年12月、ワシントン州レントン(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米航空機大手ボーイングは29日、2019年10~12月期決算を発表する。米メディアによると、純損益は大幅な赤字に転落する可能性がある。2度の墜落事故を起こした主力機「737MAX」の運航停止に伴う補償費用などがかさんだ。前年同期は34億2400万ドル(約3700億円)の黒字だった。

 運航再開に必要な米当局の承認取得時期は20年半ばごろとなる見通し。模擬飛行訓練を操縦士に別途求めるよう方針も転換した。旅行需要が高まる夏場に間に合わない可能性があり、業績回復はなお見通せない。

 737MAXは今月から生産を停止した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事