新たに保険6万人が不利益か かんぽ不正で追加調査
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本郵政グループの看板

 かんぽ生命保険と日本郵便の保険不正販売で、不利益を被った疑いのある顧客が新たに約6万人いることが29日分かった。これまで約15万6千人について契約時の状況を調査してきたが、追加で調べる。ゆうちょ銀行と日本郵便が、昨年8月から実施している郵便局での投資信託の営業自粛を少なくとも今年3月末まで続ける方向で調整に入ったことも判明した。

 新たに不利益の疑いが浮上した約6万人は、契約と解約を繰り返したりするなど不自然な点があった。かんぽ生命と日本郵便は3月末まで保険販売の業務停止処分を受けているが、追加調査に時間がかかれば4月の販売再開も不透明となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事