厚労省、新型コロナで特別融資 業績悪化の旅館、飲食店に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 厚生労働省は14日、新型コロナウイルスによる感染拡大の影響で業績が悪化した旅館に最大3千万円、飲食店と喫茶店には最大1千万円を特別に融資すると発表した。期間は最長7年間。日本政策金融公庫の全国152店舗で今月21日から8月31日まで、相談や申し込みを受け付ける。

 感染症や食中毒の発生で経営が悪化した旅館や飲食店、喫茶店を対象に融資する「衛生環境激変対策特別貸付制度」を用いる。過去には、牛海綿状脳症(BSE)や重症急性呼吸器症候群(SARS)、鳥インフルエンザの際に実施した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事