東証、一時2万円割れ 1200円安、コロナショック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京証券取引所
 東京証券取引所 一時2万円を割り込んだ日経平均株価を示すボード=9日午前、東京都中央区

 週明け9日午前の東京株式市場は、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大を懸念する売り注文が殺到し、日経平均株価(225種)は急落した。一時1200円超下げ、約1年2カ月ぶりに節目の2万円を割り込んだ。市場に「コロナショック」が走った。

 午前終値の平均株価は前週末終値比1276円68銭安の1万9473円07銭。主力銘柄が軒並み売られる総崩れの展開で、東証株価指数(TOPIX)は89・35ポイント安の1382・11。

 平均株価は取引時間中では今年3回目の1000円超安で、9日の下げ幅は約2年1カ月ぶりの大きさ。9日は上海、香港のアジア株も売り優勢で推移した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事