夏のボーナス支給額6・4%減へ コロナで業績悪化、日本総研予想
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本総合研究所は10日、2020年夏の民間企業(従業員5人以上の事業所)の1人当たりのボーナス支給額が19年夏に比べ6・4%減の35万7千円で、大幅なマイナスになるとの予想を発表した。新型コロナウイルス感染症の拡大により企業の業績が急激に悪化しているためで、予想通りになれば、リーマン・ショックの影響を受けた09年夏の9・8%減に次ぐマイナス幅に。

 世界的な設備投資の抑制や自動車販売の低迷で19年度の下半期の製造業は不振だった。今年1月以降、新型コロナの感染が世界的に拡大し輸出が減少。国内でも外出自粛による消費の冷え込みで、企業の業績は急激に悪化している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事